豊胸手術に失敗した体験談

手術は成功して喜んだけど最終的には失敗

自分の脂肪を使うトラブルも少ない豊胸手術は成功して喜んだけど最終的には失敗胸にしこり?脂肪注入の仕方や場所に問題

今思えば、その軽率な行動でこんなに苦しむことになるのなら、手術自体をしなければ良かったのかもしれないと感じることもあります。
結果からいうと、私の手術は一旦成功したものの、最終的には失敗だったという結果に終わりました。
手術直後は確かにふっくらとしたバストを手に入れることができて、夢のようだと大喜びしました。
しかしその脂肪は年月を数えるうちにみるみる萎み、数年の後には元の面影を思い出すくらいの小ささになってしまっていたのです。
このリスクについては、手術前に解説されていました。
しかしこんなにも早くその時が訪れてしまうとは、思いもよらないことだったのです。
決して安くはない値段を支払ったので、もう少し長い間大きなバストを楽しめるものだと思っていた私は、ひどく落胆しました。
それだけでは、『失敗』と言うには軽すぎる事象だと思います。
手術から1年ほどだった頃、胸にしこりを発見したのです。
それは時間を重ねるごとに大きくなっていき、次第に痛みを伴うようになってきました。
脂肪注入の仕方や場所に問題があったのか、それとも私の脂肪の質が難ありだったのかはよくわかりませんが、痛みを伴うしこりが発生するだなんて全く知らなかったので驚きました。
何か病気なのかと思い診察を受けたところ、脂肪注入の影響であるという結果に至ったのです。